医療機器について  

2000年以降 戻る 目次 次へ
 

● 皮膚又は、軟骨、角膜等組織の培養により、欠損部位の治療を可能にする再生医学の進歩、また医療機器のマイクロマシン・DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)による低侵襲治療及び遺伝子情報の解析による治療が進展する。






● 情報通信技術を用いた在宅医療や広域遠隔治療の進歩により患者にやさしい医療機器技術が医療に貢献してゆく時代が来て、長寿であることが楽しい時代が到来する。





Index
MDSI
Jaame Search
  ご利用は有料となります。JAAME情報提供のご案内をご覧ください。
  ID  
  Password
Jaame Search