医療機器について  

1970年代 戻る 目次 次へ
 

● 高性能で精密な医療機器の開発により複雑な診断・治療が可能となった。

ペースメーカー等の体内埋入機器により患者のQ0Lの向上が図られた。
ペースメーカー

X線-CTの発明によって人間の体を輪切り状態の画像で診断できるようになった。
CTスキャナー


超音波診断装置すなわち超音波技術の発展は内蔵の動きを外部の画像で診断できるようになった。
超音波診断


内視鏡の出現により胃や腸などの体腔内の診断・検査が可能となった。
内視鏡


人工腎臓が普及しはじめ、慢性腎不全患者のQOL向上が図られた。

人工腎臓装置



Index
MDSI
Jaame Search
  ご利用は有料となります。JAAME情報提供のご案内をご覧ください。
  ID  
  Password
Jaame Search