医療機器について  

1960年代 戻る 目次 次へ
 

● 心電計、脳波計等の、生体の情報を適切にモニターする機器の開発により検査が一般化し、
的確な診断が可能となった。



● 自動生化学分析装置が出現し、血液、尿等の臨床検査における大量処理が可能となった。



● 滅菌技術の進歩により塩化ビニール等の高分子材料を活用したカテーテル等の使い捨ての製品が出現した。同時に人工心肺装置により、麻酔技術と相まって心臓手術等が容易に行なえるようになった。












Index
MDSI
Jaame Search
  ご利用は有料となります。JAAME情報提供のご案内をご覧ください。
  ID  
  Password
Jaame Search